スタッフブログ

ソファのお手入れ これだけでも変わります。

皆様こんにちは!スタッフの日向です。

梅雨に入っても快晴が続いていましたが、やっと梅雨らしいお天気になってきましたね。

田植えがされている風景も良く見るようになって、もうすぐ夏が来るなぁという感じがします

 

さて、本日はソファの簡単なお手入れについてお話します。

なんだか最近ソファがだらんとくたびれて見えるなと思われる方、もしかしたら少し手を加えてやるだけでふっくらと見違えるかもしれませんよ

こちらのソファ先日ちょっと手を加えてやったのですが、

右側のクッションの方がふっくらきれいに見えませんか?

実は右側のクッションはカバーを開けて手を入れて中のヌードのクッションを少し叩いてやって空気を入れたり、座っている間に偏ってしまった羽毛をほぐしてやったりしただけなんです。羽毛が入っているソファのクッションでしたら、こんな風にほぐしてやって中に空気を入れてやるとまたふっくらとしたクッションに戻ります

カバーに寄ってしまったしわもこのように目立ちにくくなります。

普段忙しくてなかなかソファのお手入れは難しいという方も多いかと思いますが、たまにこんな風にちょっとひと手間加えてやることでソファの見た目も良く、革のソファならゆっくりと経年変化をお楽しみいただけます

この他にも座っているうちにカバーと中のクッションの角がずれてきてしまってることもあるので、そのまま使うのではなく、たまに正しい位置に直してやるだけでもソファはより永くお使いいただけます!

 

是非、ソファの簡単なお手入れを気づいた時にやってみてくださいね

 

暑くなってきましたね♪

こんにちは。スタッフの野瀬です

梅雨入りしたとたん、雨は降らずお天気つづきですね

さて、夏にむけて、涼しげなおすすめアイテムをご紹介いたします。

スウェーデンでは知らない人はいないほどの大人気の【KLIPPAN/クリッパン】のコットンブランケットです。

クリッパンのブランケットはしっかりした作りと素敵なデザインのものが揃っています

そしてなにより、一度触れてたら手放せなくなる心地よい肌触りなんです。

暑い夏の夜でも、眠りを誘ってくれる優しいカラーで、おススメです

ソファにかけて使うのもGOODです

いつもお使いのソファも印象も涼しげに大変身です

サイズも大きいものから小さいものまであり、小ぶりなサイズのミニブランケットは

オフィスや車の中、お家のダイニングでそれぞれの椅子にかけておいても、アクセントに

なり素敵です

ホントにきもちいいんですよ

是非、見て触れて体感してみてください。

お気に入りの一枚いかがでしょうか?

 

バタフライチェア入荷♪

こんにちはスタッフの清水です

 

昨日梅雨入りしましたね。

夏の様な暑さが続く中、少し涼しくなりホッとしています。

夏に向け心と身体の準備を整えたいと思います

 

さて、天気が良くないと外に出るのが億劫になってしまいませんか?

お部屋で過ごす時間も増えてくるこの季節にピッタリのチェアをオススメ致します。

バタフライチェアの愛称で知られる『BKFチェア』です。

1938年、アルゼンチン人のデザイナー(アントニオ・ボネット、フアン・クルチャン、ホルヘ・フェラーリ=ハードイ)によってデザインされ、それぞれの頭文字をとり『BKFチェア』と名付けられました。

1950年代から60年代にかけ若者たちに支持され、世に広まったそうです。そして何年にも渡り多くの芸術家に愛されてきました。

そして2011年にスェーデンのCuero社が復刻し、日本での取り扱いが開始され今に至ります。

 

3.5mmの厚革に黒いスチールの見た目のスタイリッシュさは見てお分かりのとおりですが、見た目以上の座り心地がオススメポイントです。

 

チェアというよりソファ。

座るというより寝転ぶ。

そんな掛け心地です。

 

分かりづらいですね(笑)

 

最近、1人掛けのソファをお探しの方が多いのですが、ひとりで贅沢にくつろげるけど寝転べないのが残念と言われる方も多くそんな方の希望を叶えるチェアです。

見た目の軽やかさからは想像できない安定感と身体を支えてくれる安心感を感じれるのは厚革だからこそだと思います。

革もベジタブルタンニンなめしと言って一般に出回っている革の2〜5倍に価格がするそうです。それも化学物質を一切使わずタンニンのみでなめした革です。

一言で言うならば、人間に優しい革。そして使い込むほどに手や身体になじむ使い心地の良い素材です。

 

説明が長くなりましたが、座り心地の説明がうまくできません

ですので是非!!お店で試して下さい!!!!!

 

 

何もせずゆったりとした時間をすごしてみませんか?

ヴィーナスカー発動!!

皆様こんにちは!スタッフの日向です。

この頃日中は夏のような暑さで朝晩は冷え込みますね

体調の管理が難しい時期ですので皆様お気を付けくださいませ

 

さて、ヴィーナスでは最近インタビューや納品写真などでお客様のお宅へお伺いさせて頂く機会が増えて参りました。

そこで今までは各自の車で行っていたのですが、ついに!!!公用車のヴィーナスカーができることになりました!

 

先日VENUSのロゴを入れるために採寸に業者の方が来てくれていたのですが、

今日ステッカーを張りに来てくれていました!!

どんな感じになるのかワクワク

 

数時間後にあっという間に完成しました!

出来上がりが、こんな感じです!!

右にも左にも後ろにもしっかりVENUSのロゴが入っていい感じのヴィーナスカーができました!

これからはお客様のお宅へお伺いする際などはこちらに乗ってお伺いいたします

街で見かけられましたら「あっ!あれが新しいヴィーナスカーか!」と思ってみてみてください

 

このヴィーナスカーでよりたくさんのお客様の元へお伺いできるように私も頑張っていきますのでこれからもインテリアデザインヴィーナスをよろしくお願いいたします!!

6月に入りましたね♪

こんにちは。スタッフの野瀬です。

6月のお花といえば皆さんはどんな花をイメージされますか?

我が家では紫陽花がちらほら咲きはじめました

実は我が家の紫陽花二年越しで今年ようやくさいてくれました。

去年枯れかかっており、どうなるかと思ってたのですが、春先から新芽をだしてくれて

元気いっぱいになりました。

自然力はすごいですね

ヴィーナスでも店内に紫陽花が飾られています

こちらは本物みたですが実は造花なんです

お花をみてると、癒されますよね。

お部屋にいかがでしょうか?

 

 

ありがとうございました!!

こんにちは!難波です。

今日で5月も終わりですね・・・。
そして、私も最後の出勤日になりました

4年7ヵ月勤めさせていただいたヴィーナスですが、結婚に伴い県外へ引っ越すことになりましたので、退社させていただくことになりました。

 

思い返せば、周りの方々にご迷惑をお掛けすることが多かったですが、思いやりに溢れた上司や先輩方、後輩に恵まれて今日までお仕事をさせていただくことができました。本当に感謝の思いでいっぱいです。

 

先週末には、上司がサプライズでとっても美味しいお料理と、とっても素敵な花束を手配してくださいました。

普段、花束をいただく機会がないので、本当に嬉しかったです。

ありがとうございました。

 

 

 

家具を通して、お客様とお会いすることができ、その出会いを通して様々な事を勉強させていただきました。

貴重な経験をさせていただいて、本当にありがとうございました。

 

今日で最後だと思うと、寂しい気持ちになりますが、ヴィーナスでの貴重な経験を糧に新しい場所でも頑張りたいと思います!!

私は今日で最後になりますが、これからもインテリア・デザイン・ヴィーナスをよろしくお願い致します

 

 

使い続けたいチェア

こんにちは!!!!スタッフの清水です(‘ω’)ノ

 

夏のような暑さが続いておりますが、体調など崩されておりませんでしょうか。

日が長くなりなんだか嬉しい気持ちになりますね♪♪

 

突然ですが、みなさんは使い続けたい家具がありますか?

 

先日、あるお客様からお電話を頂きました。

『40年ほど前から使っているチェアがあるのですが、座面が割れてしまい修理できないでしょうか』と。

お客様のチェアが当店で取り扱いのあるメーカーというのをホームページでご覧くださりご相談くださいました。

 

そのメーカーさんとはキツツキマークの飛騨産業さんです。当店のホームページでもご紹介させて頂いております。

 

飛騨産業さんには修理工房がありますので何十年も前の家具も修理可能なのです。

今回お預かりしたのはこちらのチェアです。

長年使ったことで座板の接合部分の接着が乾燥により離れてしまったそうです。

メーカーさんへ修理依頼をしてから待つこと約1ヵ月。

生まれ変わって戻ってまいりました。こちらです。

この通り、座面も元通りです。

全体的に輝きと元気を取り戻し、チェアのご主人様のもとへ戻って行きました。

何度見ても、味わい深いウインザーチェアですね。この風合いは長く使い続けてこそ感じれるものなのだと思います。

この変化を楽しんでいただけるほどに長くご愛用頂けるのはしっかりとした構造のチェアだからこそですね。

このように修理をしてでも使いたいという家具への愛情を感じることができ、嬉しい気持ちになりました。

 

代々受け継がれながら愛される家具って素敵ですよね。

 

K様、この度はチェアの撮影にご協力いただきありがとうございました。

どうぞ末永くご愛用くださいませ。

今後ともよろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

咲きました!!

こんにちは。難波です。

昨日、家の玄関にある月下美人が花を咲かせました

 

とてもいい香りのする花なので、咲いたことに匂いで気づきました。

ジャスミンに似た甘い香りがします

少しでも長く咲いてて欲しいのですが、この花はたった一晩しか花を咲かせないことで有名です。

次の日には萎んでしまって匂いもなくなってしまいました

 

正直、あまり花に詳しくないので興味を持って調べてみました。

月下美人とは、サボテン科・クジャクサボテン属に分類される着生サボテンの1種だそうです。

自生地のジャングルでは、老樹の幹や朽ちた木、腐葉土の上などに根を張りつかせて育ちます。

波打った昆布に似た茎を生やし、1~2mほどの大きさに生長すると花を咲かせます。

 

ちなみに、クジャクサボテン属の仲間は、2~3日の間日中に花を咲かせるものがほとんどらしいですが、月花美人は夜、しかも一晩だけしか花を咲かせないことが特徴です。日本では6~11月に花を咲かせることが多いそうです。

 

夜咲いてるのを見かけたら、ぜひ匂いを嗅いでみてください

とってもいい香りがしますよ

家具のレンタル 第4弾

こんにちは。難波です。

もうそろそろ6月ですね。

毎日、暑かったり肌寒かったりと気温差が激しいので、皆様、体調など崩されておりませんでしょうか

 

本日は家具レンタルの搬入に立ち会ってまいりました

今回も床や建具の色がNA系でしたので、家具は統一感をもたせるために、オーク材で揃えさせていただきました。

新婚さん向けの物件ということもあり、家具のサイズはコンパクトめに。

ソファは2人で座るのにでちょうどよいサイズW1400でご用意致しました。

じゅうたんは毎度お馴染みのハグみじゅたんです。

フカフカとした踏み心地がとても気持ちよく大人気のじゅうたんです。

日本の住宅に合うようにデザインされており、色・柄も豊富ですので、ご来店の際にはぜひ触れてみてください

 

 

テレビボードは定番の格子のデザインの物を使用し、脚付きでスッキリとした印象になるようにしました。

細くて丸みのある脚が可愛らしいダイニングセットは、二人で使うのに丁度よいサイズw1200でご用意致しました。

奥に見えるのは、毎日お料理するのが楽しくなるウッドタイプのおしゃれな食器棚です。

キッチン側から見るとこのような感じに。

DK11.9帖のお部屋に綺麗に納まりました。

寝室側は涼しさを感じられるように爽やかな色でコーディネートしました。

布団の上に掛けてあるブランケットはシュニールコットンを使ったクリッパンのブランケットです。

肌触りがとても良いので、これからの暑い季節にはお布団代わりにこちらを使っていただくと気持ち良く眠れるので、オススメです

インテリア・デザイン・ヴィーナスでは、ご来店の際に、図面と室内の色味がわかる資料、ご希望のテイストを教えていただければ、トータルコーディネートもさせていただきます

詳しくは、スタッフまでお問い合わせくださいませ

 

My chair

こんにちは!難波です
最近は気温差が激しいですね
皆様体調など崩されておりませんでしょうか?

この気温差の為か、悲しいことに、栽培中のルッコラが全滅してしまいました
適度に陽の当たる場所に置き、水も与えていたのですが、何が良くなかったのか…。
植物を育てるのは本当に難しいですね

 

話は変わりまして、先日、新生活用にダイニングセットを購入しました
ひとまず先にチェアが入荷してきたのですが、どのチェアにするか色や形で本当に悩みました。

 

 

悩んで悩んで悩み抜いて決めたのが、こちらのチェアです。

日本でナンバー1の実力を持ち、世界でも戦える唯一の日本人家具デザイナーと言われる岩倉榮利氏が手掛けた高山ウッドワークスのチェアです。

せっかくですので、こちらのチェアができるまでの経緯をお話させていただきたいと思います

 

今から約20年前に飛騨の家具メーカー5社が100年使える家具を作ろうと始めたプロジェクトがあります。

その時に家具デザイナーとして迎えられた岩倉氏がデザイン画を持って飛騨高山に行った際に、ある工場長と運命的な出会いをされました。

その工場長は岩倉氏のデザインを見て大変共感し、二人は意気投合されたのですが、残念ながらその工場長はその日が定年退職の日・・・。

しかし、「何十年も積み上げてきた熟練の技をここで終わらせてしまうのはもったいない」と思い岩倉氏はその定年退職された職人さんやその仲間の方に、自分がデザインする家具を作ってくれないかと依頼をされました。
そこから、高山ウッドワークスという会社が誕生し、こちらのチェアが後に作られました。

 

一流の家具デザイナーと一流の飛騨の家具職人により作られた100年使えるチェアです。

 

悩んで決めた分、想いも強く、入荷がとても待ち遠しかったです!

お客様もこのような気持ちで待たれていらっしゃるんだなぁと改めて思いました。

これから新しい場所で、様々な思い出をこのチェアと共に刻んで行きたいと思います!