チェア – 1007

2010年度グッドデザイン賞受賞。木材の有効利用の観点から 今まで廃棄されていたナラの端材に着目しデザインされた家具。

全体的に丸みをおびた優しいデザインと端材のグラデーションが素敵なチェアです。

古くから家具の産地して知られ、飛鳥時代より都の造宮や造寺などの、建築をしてきた匠の名工達の高い技術が受け継がれてきた岐阜県飛騨高山で生産されています。

木材の有効利用の観点から今まで廃棄されていたナラの端材に着目して作られました。コストを押さえる工夫をしつつ優しい手触り感をもつ家具になるように何度も研磨をし、手間ひまかけて作られています。

色の濃い心材と比較的薄い辺材を美しいグラデーションになるように合わせて作られ、全体的に丸みを帯びたデザインが木の温もりと優しさを感じさせます。

チェアの座面は座グリが施されお尻にピッタリとフィットし、滑り止め加工もされているので、とても座りやすいのが特徴です。

商品名 チェア‐1007
Size 幅400mm×奥行490mm×高さ810mm(座面の高さ405mm)
Price 36,720円(税込)
素材 本体/ナラ集成材
仕上げ/ウレタン
カラー W+O