先日お届けさせて頂きましたお客様宅の納品写真をご紹介させていただきます。
ホームページに掲載させて頂くことを快くお引き受け頂きましてありがとうございます。
ご厚意に感謝いたします。

今回ご新築で家具をお探しだったK様。
ダイニングセット、テレビボードをコーディネートさせて頂きました。

まずはダイニングのセットです。

ブラックウォールナット無垢材で作られたダイニングテーブルは、

家具の産地として有名な飛騨高山にある日進木工さんの商品です。

ほとんどの家具メーカーさんは海外で加工して板になった材料を買って家具を作りますが、日進木工さんは基本丸太で仕入れて板に加工してもらうことで、家具として最適な木材だけを使っています。

また、天然乾燥で1年~1年半くらいかけて含水率25~18%まで乾燥させ、さらに人工乾燥機で約8%を目標に含水率を下げています。含水率を8%まで下げることで木材の割れや反りを起こしにくくしています。

実は人工乾燥機を持っているメーカーさんは数える程度しかないのです……!!

さらに、天板を作る際、一枚一枚職人さんが厚さや長さを揃え、ただ木材を並べているのではなく、なるべく綺麗な天板になるよう考えられています。

このダイニングテーブルでK様が特に気に入ってくださっていたのが、この天板と脚のつなぎ目のデザインから下に行くほど細くなるシャープな脚。

一切無駄のないスッキリとしたデザインで、凛した雰囲気と高級感を醸し出しています。

 

これだけスッキリとしたデザインですが、強度も申し分ないほどしっかりしているのは、職人さんの木材を選ぶ目利きの良さとそれを活かす技術が合わさることで実現しています。

写真を撮りながら、このデザインの美しさに惚れ惚れしてしまいました。

 

次にダイニングチェアです。

こちらも飛騨高山のメーカーさんのアイテムです。

木材はこちらもブラックウォールナットで、座面にはもともと黒の合皮を張っておりますが、専用のカバーがついていて、2通りのコーディネートが楽しめるチェアです。

小さいお子様がいらっしゃる方とかは汚れを気にされると思いますが、このチェアですとカバーはドライクリーニングで洗うこともできますし、カバーのみのご注文もできるので安心ですね(^^)

お部屋の雰囲気を変えたい!というときにも便利ですね。

こちらの写真はカバーをつけた状態です。

合皮が黒でかっこいい雰囲気だったのに比べて、K様が選んで頂いた濃いめのブラウンのカバーをつけると柔らかさが加わり、よりお部屋に馴染んでいました。

チェアのデザインもシンプルで線が細めなので、ダイニングテーブルとの相性もとっても良かったです!

 

最後にTVボードです。

こちらも家具の産地である広島県の家具メーカーさんのTVボードです。

前板は一枚の板を使用しているため木目が通っていて、スッキリとしたデザインが特徴です。

この木目を通す技法は婚礼ダンスなどにも使われています。

床にべた置きにも関わらず、脚の部分が少し中に入っているため浮いたように見え、お部屋が重すぎないように考えられています。

お店に同じメーカーさんで似たデザインのTVボードを展示してありますが、K様はお忙しい中何度も足を運んで頂き選んでくださったお気に入りの商品です!!

ウォールナット無垢材の高級感と木の温かみが感じられるのも素敵ですね。

ダイニングからTVボードを見たお写真です。

チェリー材の床にウォールナットの家具が良く合っていて、まとまりがある落ち着いた空間でした。

K様がこだわって選ばれたキッチンや玄関のタイルやリビングの照明、カーテンも本当に素敵で、

家具ともピッタリだったと思います!!

これらの家具は、これからもっと味が出てきてさらに快適な空間になると思いますので、

愛着を持って長くお使い頂ければと思います。

撮影をしながらK様とお話した時間がとても楽しかったです!!

ラグもご検討中とのことでしたが、少しでもより良くなるお手伝いをさせて頂きますので、

ぜひ遊びに来てくださいね。

お忙しい中お写真を撮りに行かせて頂きまして、本当にありがとうございました!!

角田 はるか