先日お届けさせて頂きましたお客様宅の納品写真をご紹介させていただきます。
ホームページに掲載させて頂くことを快くお引き受け頂きましてありがとうございます。
ご厚意に感謝いたします。

今回マンションにお引越しで家具をお探しだったG様。
ダイニングセット、ソファ、ラグ、キッチンボード、照明、カーテンをコーディネートさせて頂きました。
まずはダイニングのセットです。

椅子作りから始まった家具の産地である飛騨高山で、職人さんの高い技術力によって作られたチェアと、

節あり材を上手に配置した家具こそ「格好いい」と考える九州のメーカーさんの機能性も兼ねたダイニングテーブル。

実はこのチェアは今一般的に広まっているオイル塗装の家具の先駆けとなったものです。20年以上も前からこの美しい形で今もなお多くの方に愛されている名品なのです。少し肘置きがあることでくつろぐことができ、立ったり座ったりも楽になります。

板座のチェアってかわいいけどお尻が痛くなりそう…って思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、座ぐりというお尻の形に座面を加工しているため痛くなりにくい工夫が施されています。

私も実際このチェアに座って1時間ほど勉強したことがありますが、全然気にならず座っていられました!!

オーク材とウォールナット材の2トーンもオシャレで、私の一番オススメのチェアです(^^)

また、ダイニングテーブルは節あり材を使う事でより一層木の温かみや質感を楽しむことができます。

木の雰囲気を存分に楽しみたい、お家の中に取り入れたいという方には特におすすめですよ♪

天板の下に棚もついていますので、ついついテーブルの上に置きっぱなしにしがちな新聞やリモコン、ティッシュペーパーなども置くことができ、テーブルの上をスッキリ使うことができます。急な来客にも安心です!(笑)

さらに脚は4本脚で中よりについているため、強度もしっかりしており、どこに座っても脚が邪魔にならないのもこのテーブルの良いところです。どの位置に座っても家族や友達の顔を見ることができるので話ももっと盛り上がりそうですね!

次にソファとラグです。

ソファを置いてみてお部屋に圧迫感がでないか気にされていたG様。そこで木枠のソファをご提案させて頂きました。

国産木枠のフレームで、当店でも大人気のソファです。床が白っぽく、お部屋を広く見せるために木枠はオーク材を選ばれました。シンプルなデザインですので、どのようなテイストのお部屋にも合わせやすいです。

ファブリックは帆布で、季節問わず気持ちよい肌触りです。フルカバーリングなので、もし汚れてしまってもドライクリーニングに出すことが可能です。替えカバーだけのご注文もできるのでずーっと長くお使いいただけます。

そしてラグは今大人気のハグみじゅうたんです。羊毛のじゅうたんなので冬はあったかくてピッタリだとは想像できますが、実は夏にもピッタリなのです!!毛が立った状態であるということと油分を残した毛で織っていますので夏でもサラッとお使いいただけます。一年中使う事ができるので、夏用ラグ、冬用ラグで取り換える手間や置き場所に悩むこともありません。目も細かく詰まっているのでゴミが入りにくく、掃除機をかけるだけでお手入れ簡単なのもありがたいですね。

G様はオーク材やファブリックの色に馴染みながらも、ポイントとしてお部屋を明るく演出するために赤が入ったものを選ばれました。日本の住宅に合うように作られたお色という事もあって、イメージした通り、お部屋の雰囲気に華やかさがプラスされてとても素敵でした。

ダイニングのと相性も抜群です(^^♪

次に照明です。

リビングダイニングに2つのペンダントライトとフロアライト1つ、あと和室にペンダントライトを1つ、コーディネートさせて頂きました。お部屋の広さなども考慮しながらイメージのものを聞きつつ話し合いながら考えていきました。

これがダイニングの上にくる照明です。

この三角△になっているデザインがオシャレで、素敵ですね!とG様と意気投合。このライトの部分は向きを変えることもできます。

ダイニングとの雰囲気はこのような感じになりました。ライトの白い部分と木の風合いが優しくかわいらしいです。

次にソファの方の照明です。こちらは当店にも展示があり、北欧デザインです。

G様がとても気に入って下さいました。

ソファとの相性も良いですね!

また、このダイニングとソファの間のフロアライトは首が曲がるようになっていて、お部屋を全体的に明るくしたいときは真っすぐ、ソファに座って本を読みたい時などは首を曲げて手元を明るく照らすというように使い分けができる商品です。

 

和室にはシンプルなデザインで明るさを調節できるものにされました。

丸みがあってかわいらしいですね。電球も見えにくくしてあるところも素敵だなと思いました。

次にキッチンボードです。

ナチュラルなデザインが可愛らしく、ハイカウンターなので下に収納が多いのが便利で人気です。

このキッチンボードの幅は140㎝ですが、家電も十分に配置でき、収納力もあるので、キッチンの限られたスペースを有効活用できます。

最後にカーテンです。

リビングのカーテンはカーテンのショールームに同行させて頂き、一緒に悩みながら選んだものです。

ドレープはG様が気に入って下さったもので、レースはG様の雰囲気とお部屋のイメージ、お客様が来られることも踏まえて私がオススメさせて頂いたものです。また、ショールームにあったフリンジのふさかけが、ドレープとレースの刺繍の色とぴったりすぎて、この組み合わせの為に作られたの?!思ってしまうほどでした!!(笑)

この組み合わせ、私もすっごく気に入っています!!!!

細部にまでこだわりを持たせ、落ち着きのある上品な空間に仕上がりました。

ソファ上のクッションはカーテンの色に合わせてみました。

 

G様には何度もご来店いただき、話し合いを重ね、トータルコーディネートをお手伝いさせて頂きました。

G様はいつも気さくに話してくださるので、お会いできるのもお話しするのも毎回楽しみにしておりました!!

やりがいのある大役を任せていただき、本当にありがとうございました。

リビングに置かれるチェストもご検討中とのでしたが、より良いお部屋にするために全力でお手伝いさせて頂きますので、これからもどうぞよろしくお願いします。

角田 はるか