皆様こんにちは、スタッフの杉岡です。

ついに今日から始まりました!アートギャッベ200枚展!!スタッフも待ち焦がれていました!

▼アートギャッベとは
イランの遊牧民族であるカシュガイ族の暮らしの中から生まれた手織りじゅうたん。
使っているのは、高原地域の厳しい遊牧生活の中で生まれた上質な羊の毛です。
現地に生きる草木を使って染め上げています。

スタッフも準備をしながら、自分のお気に入りを選んだり、一枚一枚めくりながら
たくさんのギャッベに触れて楽しんでいます!
肌触りの良さも本当になめらかでたまりません。

文様のひとつひとつには織手さんの願いが込められています。
家族の幸せ、自然への尊敬の念。。思いを込めながら1枚1枚、丁寧に織られています。


ヴィーナスでは期間中、映像も流しています。
こちらの女性は、嫁入り道具にギャッベを織って嫁ぎに行くそうです。
遊牧生活で、「ずっと緑を探し続けられますように」と草原のような鮮やかなギャッベを織っています。

アートギャッベ展は~2/12(月)まで開催しております。
ぜひぜひ全貌を見に来てみて下さいね。
伝えきれない秘めた魅力をたっぷりお伝えします!

皆様にとってグッとくる、素敵な一枚に出逢えますように。心よりお待ちしております。