みなさま、こんにちは。

山本でございます。

 

今日は少しコーディネートのお話を。

 

「ナチュラルの床には何色のテーブルがいいですか?」

と、よく店頭で聞かれます。

 

同系色の色だとボヤけるので、メリハリをつけて

ブラウン系のテーブルが良いと言われる方も

いらっしゃいますし、

同系色の方が良いと言われる方もいらっしゃいます。

(セオリー的にメリハリ派を推奨される方が少し多いかもしれませんが。。。)

img_3526

 

上は、先日お届けさせて頂いたお宅の画像です。

カバ桜の床材にナチュラルのダイニングーテーブルを合わさせて

頂きました。

 

私がいつもこの相談を受けた時は、

建具の色や他の家具ともバランスにもよりますが、

特に何も無い場合は、やはりナチュラルの床には、ナチュラルのダイニングテーブルを

お勧めすることが多いです。

 

理由はナチュラルにナチュラルを合わせた方が

空間が広く、開放的に見えるから。。。

 

img_3531

 

いかがでしょうか。

 

でも、そんなに簡単に考えられないのが

コーディネートの深いところ!

 

こちらのお客様ともいろいろ打ち合わせをしつつ、

一緒に悩みながらお手伝いさせて頂いたのがほんとのところです。(笑)

 

最終的にはご主人様と奥様でアクセントでチェアは

ツートンにされることに。

この時も

「これにして良かった~」

とご主人様に喜んで頂けたこと、とってもうれしく思います!

 

このようにイスでメリハリをつけたり、クッションや小物で

アクセントを付けても、コーディネイトはより楽しくなります。

 

そんなお話をしながら、みなさまと一緒に家具を選ぶことができたら

幸いです。

 

img_3528