こんにちは。スタッフの清水です。

 

昨日梅雨入りしましたね。

夏の様な暑さが続く中、少し涼しくなりホッとしています。

夏に向け心と身体の準備を整えたいと思います。

 

さて、天気が良くないと外に出るのが億劫になってしまいませんか?

お部屋で過ごす時間も増えてくるこの季節にピッタリのチェアをオススメ致します。

バタフライチェアの愛称で知られる『BKFチェア』です。

1938年、アルゼンチン人のデザイナー(アントニオ・ボネット、フアン・クルチャン、ホルヘ・フェラーリ=ハードイ)によってデザインされ、それぞれの頭文字をとり『BKFチェア』と名付けられました。

1950年代から60年代にかけ若者たちに支持され、世に広まったそうです。そして何年にも渡り多くの芸術家に愛されてきました。

そして2011年にスェーデンのCuero社が復刻し、日本での取り扱いが開始され今に至ります。

 

3.5mmの厚革に黒いスチールの見た目のスタイリッシュさは見てお分かりのとおりですが、見た目以上の座り心地がオススメポイントです。

 

チェアというよりソファ。

座るというより寝転ぶ。

そんな掛け心地です。

 

分かりづらいですね(笑)

 

最近、1人掛けのソファをお探しの方が多いのですが、ひとりで贅沢にくつろげるけど寝転べないのが残念と言われる方も多くそんな方の希望を叶えるチェアです。

見た目の軽やかさからは想像できない安定感と身体を支えてくれる安心感を感じれるのは厚革だからこそだと思います。

革もベジタブルタンニンなめしと言って一般に出回っている革の2〜5倍に価格がするそうです。それも化学物質を一切使わずタンニンのみでなめした革です。

一言で言うならば、人間に優しい革。そして使い込むほどに手や身体になじむ使い心地の良い素材です。

 

説明が長くなりましたが、座り心地の説明がうまくできません。

ですので是非!!お店で試して下さい!!!!!

 

 

何もせずゆったりとした時間をすごしてみませんか?