こんにちは!スタッフの角田です。私が入社してもう5カ月が経とうとしています。ほんと早いですね~‼

暑くなったり肌寒くなったりしていますが、皆さま体調には十分ご注意してお過ごしくださいね(^^)

 

今日は私が今月特にオススメしているダイニングテーブルをご紹介させて頂きます!

こちらは家具の産地として有名な飛騨高山で作られたダイニングテーブルです。

以前スタッフの関もお伝えしていたかと思いますが、少しお付き合いいただければと思います。

「飛騨の家具」の歴史は長く、「飛騨の匠」は奈良の平城宮や法隆寺夢殿、薬師寺、東大寺、平安宮の建設に関わり、その「飛騨の匠の伝統」の技と心を受け継いだものが現在の「飛騨の家具」となっています。

よって「飛騨の家具」と称するには、厳しい認定基準を満たしていることに加え、10年保証の適応や国際基準の耐久試験の実施、木部の加工から塗装仕上げまで飛騨で行わないと認めてもらえないのです。なんと厳しいのでしょう!!

“木材の目利きの技術”で選別された樹齢100年以上の良質な木材を使用し、ものによっては2年以上乾燥させて、反りや割れを極力起こしにくくしているため、10年保証を謳えるほど自信があるということなんですね!

この天板の板材の並びもただ並べているのではなく、どう並べば美しく見えるか考えられているそうです。

柾目とゆう縦の板材しか使っていないので、より強度が増し、デザインもスッキリと見えます。また、柾目にしか出ない虎斑(とらふ)という模様もお楽しみいただけます!

そして、「飛騨の匠」が1つ1つ丁寧に研磨し塗装しているため、なんといっても肌触りが全然違うのです!!とっても滑らかで、ついつい手をスリスリしてしまいます(⌒∇⌒)ぜひ1度お店で体感してみて下さい!!

こちらのダイニングテーブルはこの高い技術力に加え、お客様の”欲しい!!”を叶えてくれるのです!

ただの直線的なフレームを作ることだけでも難しいのに、このように天板の形やそれにあう脚のデザインまで変更が可能です。さらにサイズまで細かくオーダーできるので、お部屋にピッタリが必ず見つかります!そして色もこんなにたくさんの中からお選び頂けるので、お客様の理想のダイニングテーブルがここにあります!!

天板の角も丸みを帯びているので、小さいお子様がいらっしゃるお客様も安心ですね(^▽^)

いかがでしたでしょうか?なかなかイメージしたものがなくてお困りの方!!「飛騨の匠」が作ったダイニングテーブルが叶えてくれます!ぜひお店でその魅力を体感してみて下さい!

こちらのダイニングテーブルを実際に納品させて頂いたときのお写真などがございますので、こちらもぜひご覧くださいませ。↓

お届け先様のコーディネート紹介 VOL.107

スタッフ一同、心よりお待ちしております。ありがとうございました。

角田 はるか