こんにち interior design Venusの山本です。
11月13日と14日で東京へ出張へ行ってきました。
飛行機で行けば岡山から約1時間。

展示会が1日と、もう1日は

インテリアショップやアパレルショップ、話題のスポットなどを

見学させて頂きました。
インターネットが発達して、情報だけは地方も都会も
あまり変わらないのかもしれませんが、やはり体感するということでは
大きな差があるな~と、改めて実感しました。。。
と、そんなこんなで実際に見て、知っておくのは大切ですね!!

 

さて、今日は当店に展示をしているチェアのご紹介。

こちら
日進木工のホワイトウッドチェアです。

 

 

 

日本有数の家具産地、飛騨高山の地で

このチェアは造られます。

 

日本で飛騨の家具と言いますと、それは特別な意味を持ち

古くから木工が栄えた地として、その技術力と品質の高さは

他と比べても圧倒的に優れていると言っても過言ではありません。

 

伝統的な「曲木」と呼ばれる高度な技法を用い

て、描かれる美しい曲線。

そして、機械加工と手仕事を合わせることででききる美しい造形美は、

繊細で軽やかなフォルムを持つモダンチェアに仕上げられました。

 

 

また、 ナチュラルなオーク材と

肘置きに用いられたウォールナット材という、

異なる木材を組み合わせたコンビネーションは、

木を知り尽くした確かな知識と、豊富な経験、

高い技術力を持つ日進木工だからこそ可能なものであり、

このアイテムの象徴的なデザインとなっています。

 

線を細く、軽く、そして美しく。

職人により一つ一つ丁寧に作られるこちらのチェアは、飛騨の匠の

伝統技術を詰め込んだ完成度の高いアイテムとなっており、

座った時に感じる木のぬくもりや、やさしい掛心地は

他では味わえない最上のモノになっています。

 

このアイテム当店で只今展示中ですので

 

ぜひ座って体感してみてくださいませ。