今年は何か運動をしたいなあ。

ランニングしてみたいけど、外は寒いしなあ。

やっぱり室内でできるヨガかな。

とか、考えつつすでに10日も経ってしまいました。

皆さまこんにちは。どうにか運動不足を解消したいスタッフ和気です。

 

 

今日は当店のソファの中で、人気を二分する二つのソファのご紹介。

こちら、カストールソファ

とローザソファ

どちらもモダンスタイルのソファで、どちらにするか・・・

 

決められないー!

 

という状況がしばしば起こります。

 

ここでは改めてデザイン座り心地という点で、二つのソファを比べながら、ソファを選ぶ時のポイントを考えてみたいと思います。

 

まずはこちらのカストールソファから。

このソファは日本を代表するソファメーカー、日本フクラのソファ。

日本フクラのソファと言えば・・・

「何年もソファを探している方が最後にたどり着くソファ」

として当店では紹介させて頂いており、全国的にも日本フクラはファンの方が多く、ソファ市場においては不動の支持とシェアとなっています。

 

「カストール」のデザインの特徴は・・・

 

デザインは、ヨーロッパモダンの香りが感じられる美しいデザイン性と、スタイリッシュなフォルムで、エッジのきいたウッドベースとスチール脚のコンビネーションは足元を軽やかにクールに演出してくれています。

 

反対にクッションは肉厚でボリューム感あるものを採用し、トータル的にバランスの取れた美しい仕上がりに。

サイズも日本の居住スペースに合わせたコンパクト設計となっています。

 

 

「カストール」の座り心地は・・・

 

ずばり!他にはない圧倒的な座り心地

そのワケは、多層構造のウレタンでつくられた座クッションにあります。↓↓↓

この多層構造のウレタンにより、硬すぎず、柔らかすぎない絶妙なタッチで仕上げられているのです。、

 

やはりこのソファは魅力は圧倒的に座り心地が良いことと、クールなモダンデザインの美しいデザイン性があげられます。

モダンソファの王道と言えるでしょう。

 

 

そして、ローザソファ。

 

こちらは、家具産地として有名な備後地方で企画、製造され、

今、密かに全国の有名インテリアショップ中心に広まりつつある人気のソファ です。

 

「ローザ」のデザインの特徴は・・・・

 

イタリアンモダンをベースとし、限界まで無駄を削ぎ落したシンプルなフォルムに、クールになりすぎないように少し北欧的な柔らさをプラス。

そうすることで、現在日本で流通してる家に合わせやすいデザインとなっています。

 

注目すべきは細く繊細なスチール脚。

 

床から18㎝リフトアップされたこのソファは、浮かんでいるように見せることで、軽やかさと心地いい緊張感がもたされています。

また、シートの厚さ、背もたれの高さなどディテールにこだわり抜いたシンプルなフォルムは見る人の多くを引き付け魅了します。

 

 

「ローザ」の座り心地は・・・

 

座り心地については奥行きをしっかりととられているので、ソファの上での自由度が高く、寝転んだりあぐらをかいたりして、リラッスしてお使い頂けます。

 

 

「カストール」はフォーマルなモダンソファ。
「ローザ」はカジュアルなモダンソファ。

 

この二つのソファをデザインと座り心地で比べてみると、同じモダンソファでも、

カストールはエッジのきいた重厚なデザインで、座り心地も安定感のある座り心地となっていることから、ファッションでいうところのフォーマルなモダンソファと言えます。

また、ローザはイタリアンモダンのスタイルの持つ繊細さと緊張感を、日本の住宅に合わせやすいように優しく仕上げられており、座り心地についても、崩して座ることに重点を置いて作られていることから、ファッションでいうとカジュアルなモダンソファと言えます。

 

二つのソファで迷った時は、

心がときめくデザインのソファを選ぶのがベスト!!

と私たちは考えます。

 

デザインについては、 「どちらが家に合うのか?」 と、言うよりは、 「どちらのソファのデザインに心がときめくのか?」 ということでお選びいただければと思います。

毎日使うモノなので、ぜひとも妥協無く!!

 

ポイントは

ソファを使ってどのように過ごすのか?

ということです。

 

デザインの方向性が決まれば、 あとは、このソファを使って 「どのように過ごしたいのか?」 ということを考えてみると、 しっかりとした座り心地と、安定感を求められる方はカストールソファ。

 

ソファでリラックスしてだらだら過ごすことに重きを置く場合はローザソファ。

 

どちらがより自分のスタイルに合ってるのかということを考えると、 どちらを選ぶのがベストなのかが見えてくるのではないでしょうか。