fbpx

A110 ペンダント 手榴弾

無駄のないスタイリッシュなフォルムが美しい
「手榴弾」とも称されるペンダントランプ。

1952年、アルヴァ・アアルトがフィンランド技術協会のプロジェクトのためにデザインし、アアルトの代表的な建築の一つであるセイナッツァロ役場の会議室でも使用されていました。その形状から「HAND GRENADE(手榴弾)」と呼ばれており、Artek社の代表的な照明の一つとして人気の高いペンダントランプです。
スチール製の本体に、穴をあけた真鍮のリングをランプシェードの下に取り付けた構造により、リングの穴からは光が輪のように拡散され、柔らかく温かな光が、穏やかな空間を演出します。消灯時にもその特徴的なフォルムは存在感をたたえ、空間のアクセントとして取り入れるにもぴったり。1灯づかいだけでなく、ダイニング上やカウンター上に多灯づかいす心地良い夕暮れのような優しく温かな光で空間を包んでくれます。

■ Desighner デザイナー

アルヴァ・アアルトは、20世紀を代表するフィンランドの建築家であり、自然素材の魅力を最大限に活かし、シンプル&モダンの美学を貫いた作品で知られる偉大なデザイナーです。
アルヴァは常に人の暮らしを念頭に置き、建築はもちろん、家具・照明・ガラス器など、暮らしにまつわる製品を自然なフォルムで設計し、そして、あらゆる空間にも調和する作品を自身のブランドArtekを通して発表し続けました。

■ Artekとは

アルテックは1935年、アルヴァ・アアルト、アイノ・アアルト、マイレ・グリクセン、ニルス=グスタフ・ハールの4人の若者により「家具を販売するだけではなく、展示会や啓蒙活動によってモダニズム文化を促進すること」を目的に、ヘルシンキで設立されました。創業者の精神を受け継ぎ、アルテックは今日でもデザイン、アート、建築の交点に立ち、未来への道を切り開き続けています。

商品名 A110 ペンダント 手榴弾
Size W16 D16 H44 cm 全長125 cm(器具込み)
Price ¥49,500.-(税込)
素材 スチール、塗装仕上、ブラスメッキリング、ブラック/ホワイトコード
カラー
バリエーション
シェード:ブラック塗装
リング:ブラスメッキ
コード:ブラック
シェード:ホワイト塗装
リング:ブラスメッキ
コード:ホワイト
シェード:ブラック塗装
リング:ブラスメッキ
コード:ブラック
シェード:ホワイト塗装
リング:ブラスメッキ
コード:ホワイト