先日お届けさせて頂きましたお客様宅の納品写真をご紹介させていただきます。
ホームページに掲載させて頂くことを快くお引き受け頂きましてありがとうございます。
ご厚意に感謝いたします。
K様のお宅にリビングの家具と照明、そしてカーテンを納品いたしました。

最近、マンションのお客様も多くなって参りまして、まずは家具のご提案からではなく家具の配置からご案内させていただきました。
なるべく、部屋は行ったときに圧迫感を感じて欲しくないことと、ゆったりと広く空間を使って欲しいという思いから、このような配置になりました。
いかがですか?とても部屋が広く感じませんか?

 

何が大きく違うかというと、ソファの配置です。
良くあるソファの配置はTVボードに対して対面に置かれる方が一般的だと思います。
ただ、その置き方でしてしますと、せっかくのLDKの広い空間をソファで仕切ることにより狭くなってしまいます。

K様にも、このレイアウトにご賛同いただき、このように納品させていただきました。
カーテンにつきましては、LDKをメインに考え、各部屋の生地を決めていきました。

LDKは家族だけでなく、他のお客様やご友人の方など招き入れる部屋になると思うので、見てもらうカーテンとして選んでいただきました。
とくにレースに一番見ている時間が長いと思われますのでデザイン性を重視しております。

このロールスクリーンはブラインドのように羽根つきになっており角度を変えることで光の調整が可能です。

寝室などのプライベート空間はシンプルに!

 

この度はインテリアのご相談へお越しいだだき、ありがとうございました。
K様と一緒にとても良い空間づくりをできたこと、大変、嬉しく思っております。
この家具たちと共に、末永くお付き合いいただければ幸いにございます。
お忙しいところ、撮影にご協力いただき誠にありがとうございます。

 

今後とも宜しくお願い致します。

 

 

秋元 一真