ART GABBEH

アートギャッベ。

それは末永く愛用できる確かな品質で、

日本人の心の奥深くに響くアート性を持ちあわせたもの。

「もう既に多くのモノを持つ私たちにとって本当に必要なものは何なのでしょうか?」

私たちがたくさんの家具を販売してきて今思うこと、それは静かで穏やかな時を過ごせる場所、家に帰った時に暖かく迎えてくれる家族、暮らしの中でお気に入りのものを使うことで得られる、ときめきや感動・・・

何気ない小さな幸せが身の回りにあることで、私たちの暮らしはより豊かなものになるのではないでしょうか?

つまり私たちが本当に必要としているのは、毎日の暮らしのワンシーンをより感動的にできるような役割を担うもの。

そんなことをぼんやりと考えていた時、私たちはアートギャッベに出逢いました。

About GABBEH

ギャッベってどんなもの?

南ペルシャ(イラン)の遊牧民族であるカシュカイ族の暮らしの中から生まれた伝統の手織りじゅうたん。

高原地の厳しい遊牧生活の中で育まれた上質な羊毛を現地に自生する草木を使って染め、女性たちの手で一枚一枚丁寧に時間をかけて織り上げられています。

文様には家族の幸せへの願いと、自然への尊敬の念が込められている。

そんな魅力あふれるじゅうたんです。

アートギャッベの魅力

上質な手触りは自然の羊毛から

アートギャッベに使われる羊毛は抗現地で育った羊のもの。

毛足が長くとても上質なので、とっても気持ちがいいんです。

100年長持ちする耐久性

親から子へ、子から孫へと受け継がれていくギャッベは、土足でも50年以上使えると言われるくらいの耐久性があります。

アートギャッベに込められた想い

南ペルシアの女性たちが家族を大切にする想いと、幸せへの願いを込めて1点1点織り上げるアートギャッベ。

手仕事ならではの温もりが、暮らしに安らぎをもたらしてくれます。

自然の恵み。100%草木染め。

現地に自生する草木の染料を使う伝統的な草木染めは、手間を惜しむことなく、じっくり時間をかけていくことで、透明感のある美しい色へと染め上げられます。

年間を通じて快適に使えます。

朝夕の温度差が大きい高原で育つ羊の毛は調湿作用に優れ、夏には湿気を逃してサラッと、冬は暖かい空気を溜め込んでポカポカした使い心地。

1年中快適に使えます。

普段のお手入れは掃除機がけで

目が詰まっているので、普段は掃除機がけで十分。

何かこぼした時も羊の油分があるのですぐに拭けば心配ありません。

気をつかわずに使えるのも大きな魅力です。

ZOLLANVARI社のアートギャッベ

世界最高峰のZOLLANVARI

ゾランヴァリ社はイランのシーラーズを拠点に、優れた技術をもっている織子さんとのみ契約しています。

品質管理デザインの開発にも力を入れ、その真摯な取り組みに欧米各国からも高い評価が得ている世界最高峰のブランドです。

ユネスコ無形文化遺産として登録されているアートギャッベ

厳しい遊牧生活の中で伝えられてきた伝統の織物、アートギャッベの色は、大地の色、空の色、木の色、水の色。

家族を大切にする想いと、幸せへの願いが詰まった彩り豊かな絨毯です。

その伝統の技術と文化を継承していくため、ユネスコはこの技術を無形文化遺産に登録しました。

アートギャッベの世界には、美しい彩りはもちろん、

家族の幸せや将来への希望を込めた作り手の純粋な想いや、

羊の毛を現地に自生する草木で染め上げ、一枚一枚手作りされる丁寧な時の流れがあります。

 

作り手が想いを込めて、作り手の感性で描かれるアートギャッベ。

何百枚、何千枚探しても同じ物は見つからないと言われています。

世界で一枚だけの絨毯が伝える優しい気持ちや素朴な安らぎをぜひ感じて下さい。